フォト
2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

« トレラン? 中央アルプス前衛 簫ノ笛山 | トップページ | トレラン 岐阜県低山 鳩吹山~継鹿尾山~桃太郎神社~鳩吹山 »

2019年7月23日 (火)

トレラン? 北アルプス新穂高温泉~南岳~槍ヶ岳~新穂高温泉 日帰り山行

 毎年恒例の会社の夏休み。

 例年家族旅行に行ってましたが、今年は小学生になった娘と休みが合わない(長野県は夏休みが短く、今年は7月26日~)ため、独り時間を楽しむことに。

 となったら山に行くしか無いでしょう。

 

 というわけで自分の力量で日帰りで行けて楽しい山、っつーことで色々調べたところ、前々から一度はやりたいと思ってた槍ヶ岳日帰りに決定。

 で、さらに色々調べて行くと南岳新道から登って主稜線を北上するのも面白そう。

 幸い今年は割りとロードジョグでトレーニング出来てるし、近所の中央アルプス前衛、池山や簫ノ笛山でトレランもどきしてみて体力的には問題無さそうだったので、俄然やる気になってました。

 ただ気がかりなのは天気。

 今年は梅雨がなかなか明けない。

 毎日天気図とにらめっこして、なんとか火曜日には明けるのでは?との超希望的楽観的観測と夏休みの期限から決行する事にしたのでした。

 一応、もしどうしても天気悪そうなら南岳新道諦めて槍の往復だけにするとか、転身して短時間で行ける焼岳に行くとかオプションも用意して…

 

 朝2時起床。

 山に行くためこんなに早起きするのは久しぶり。

 道中木祖~奈川あたりがガスが濃くてテンション下がりぎみだったけど、国道158号に出た辺りでいきなり晴れてテンションアップ⬆️

 安房トンネル抜けて2時間15分ほどで新穂高温泉の登山者用無料駐車場着。平日だけど、まだ梅雨明けてないけど半分くらい埋まってる。

 準備してあったWEBの登山届出して5時30分に駐車場を出発。

抜戸岳方面の稜線もばっちり見えてテンションは高い‼️

Runtastic20190723_05_36_01

  

 ロープウェイの山麓駅横を過ぎてしばらくはひたすら林道。自分でも走れそうだけど、ここで体力を消耗すると後が辛いのでポールを使ってノルディックウォーキングの要領で早歩き。

 穂高平への近道は迂回の指示標識があったのでただただ林道を歩く。

 穂高平の辺りでは遠くに槍も見える‼️Img_20190724_072343

  遠いな…。でも目指すべき山が見えたこと、天気が良いことでやる気が出てくる。

 

 白出沢出会いを過ぎるとようやく登山道。

 沢の流れが豪快な滝谷からは北穂ドームも良く見える。

Img_20190724_083208_20190724093401

 滝谷を過ぎるとガスが降りてきて霧雨に。

 槍平小屋で予備の水を補給して、南岳新道に取り付く。

 樹林帯を少し登ったら雪渓。

Runtastic20190723_08_30_02

 槍平小屋の方が雪切りしたところは雨で流され、滑りやすい傾斜のある雪渓を旗印を目印に慎重に横切る。

 雪渓が終わると急斜面の樹林帯の急登。

 雨も強くなってきてカッパ来て登るも、足元が滑る滑る。

 豪快に転けて、妻から借りてきたストックを  1本折ってしまった😱

 降りしきる雨とストック破損にめげずどんどん標高を稼ぐ。

 荷物が重いと地獄のような急登だと思うけど、軽いトレラン装備だとそこまできつくはない。

 もちろん疲れるし絶対走れないけど、思ってたよりはしんどくない。陽射しがなくて涼しい影響も大きかったのかも?

 楽しみにしてたここからの穂高や滝谷の眺めは残念ながら全くなかったけど、久しぶりに雷鳥とご対面。

Runtastic20190723_09_43_56

 上の写真のどこかにいるはずだけど、スマホカメラがショボいのと雷鳥が景色とどうかしてるので良くわからない…

 ガスの中時折現れるお花畑にも少し癒されて

Runtastic20190723_09_53_43

 さらに登って傾斜が緩くなってくるとやがて南岳小屋。出発してからここまで約5時間。

 身体も心も冷えきってるのでコーヒータイム☕️

 何種類かコーヒーがあって、フレンチ深煎りをオーダー。自分好みの美味しいコーヒーが出てきてしばし休憩。

 

 稜線もガスに包まれてて、大キレット越しの北穂は見える気配も無い😢。

 まず本日最初のピーク、南岳(3033m)。

 横尾本谷右股を詰めて来て以来、19年ぶり3度目の登頂も景色もなくじっとしてると寒いので写真だけ撮ったら次へ急ぐ。

Runtastic20190723_10_41_17

 

 南岳~中岳間と中岳~大喰岳間は走りやすいところも多く、最高の景色を見ながら雲上のトレイルランを楽しめるところ。

 残念ながら主役の景色は無いけど、寒いので走れるところは走って身体を暖める。

 

 中岳(3084m)と大喰岳(3101m)は実に21年ぶり2度目の登頂。ですが、やはりガスで景色もなく風邪が冷たいので先を急ぐ。

Runtastic20190723_11_41_46

 この辺、槍を真正面に見ながら走れたらさぞかし楽しいだろうと思いつつ大喰岳を下っていると、たまにガスが薄くなる瞬間が出てくる。

 ガスの向こうに、槍の影を感じながら進んでいると、ついに槍が姿を現した‼️

Runtastic20190723_11_49_35

 

 またガスに隠れたり現れたりを繰り返しながら、槍ヶ岳山荘に到着する頃にはけっこうはっきりガスが晴れる瞬間もあり、迫力ある槍がそこに‼️

Runtastic20190723_12_02_30

 

 またガスられても勿体無いので、休憩無しでとっとと登る。

 ガスの晴れ間を見て山荘にいた登山者も登り始めたのかそれなりに待ちもあったけど、ちょうどよい小休止になってストレスなく登れる。

Runtastic20190723_12_05_57

 

Runtastic20190723_12_11_38

 

Runtastic20190723_12_16_02

 

 

 最後の長い梯子を登ると、本日の主目的地、槍ヶ岳(3180m)。

 8年ぶり9度目の登頂です。

Runtastic20190723_12_21_33

 

 槍はガスが晴れる瞬間があるけど、周辺の山々は山頂付近は雲に覆われてほとんど見えず。残念。

 でも20年前に登ってきた北鎌尾根が見えたり

Runtastic20190723_12_22_27

 登ったことないしこの先も登ることはないかもしれない、アルペン躍りで有名な小槍を見下ろしたり

Runtastic20190723_12_19_18

 何度か歩いた東鎌尾根を眺めてみたり

Runtastic20190723_12_30_53

今日来た主稜線縦走路を心の目で見ようと試みたり

Runtastic20190723_12_24_26

 しばし槍のてっぺんで過ごしたら、12時30分に下山開始。

 西鎌尾根から大槍小槍を見たらこれで槍ヶ岳とはお別れ。次に来るのは何年後か⁉️

Runtastic20190723_12_40_37

 西鎌尾根はまたガスの中。

 それでもこんな天気の平日にはほとんど登山者もいないし下り専門トレラン愛好者には楽しいトレイル♪

Runtastic20190723_12_44_18

 千丈沢乗越で西鎌尾根から離れて飛騨沢ルートへ。

Runtastic20190723_13_04_16

 

 さらに槍平小屋まで駆け下るとあとは行きも通った道。

 途中、見上げると梅雨明けを思わせる空の色になっており、槍穂稜線がまた晴れてきてた。

Runtastic20190723_13_37_27_20190724134301 

 滝谷から白出沢へ向かう途中から暑くなってきて水の消費量が増えてきた、と思ったら白出沢越えた辺りでまさかの水切れ😱

 ま、どうせあとは下りの林道だけなのでずっとジョグ🏃

 日陰で下りの林道のジョグはけっこう快適。

 穂高平避難小屋でコーラを補給して、残りのコーラを片手に、たまに飲みながら新穂高温泉までジョグ継続。

 トイレだけ寄って駐車場まで走って15時50分に駐車場着。

 タイムも休憩除けばほぼコースタイム(19時間30分)の半分くらいで行けたので自分としては上出来でしょう☺️

  

  最後は橋の下の露天風呂で汗を流して終了。

 

 久々の北アルプス、初めての槍ヶ岳日帰り、初めての北上しての槍登頂となかなか充実した山行でした。

 これで主稜線で景色を楽しめたら文句なしなんだろうけど、それはまたいつかのお楽しみに😉

 

 

 

« トレラン? 中央アルプス前衛 簫ノ笛山 | トップページ | トレラン 岐阜県低山 鳩吹山~継鹿尾山~桃太郎神社~鳩吹山 »

トレラン」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トレラン? 中央アルプス前衛 簫ノ笛山 | トップページ | トレラン 岐阜県低山 鳩吹山~継鹿尾山~桃太郎神社~鳩吹山 »